チェコ医薬品当局、医療用大麻の供給業者を決定

チェコの医薬品規制当局であるSUKLは、医療用大麻の供給業者をエルコプラスト・スルショウィツェ(Elkoplast Slusovice)に決めた。同社は10カ月ほどで流通を開始する。SUKLのトップの話として現地紙ムラダー・フロンタ・ドネスが22日伝えた。

SUKLが実施した入札に応じたのはエルコプラストだけだったが、同社は全ての条件を満たしていた。契約では40キログラムの医療用大麻を1グラム当たり139コルナ(6.3ドル、付加価値税抜き)で納める。ただし、同社は医療用大麻を栽培するライセンスを取得する必要がある。

エルコプラストは昨年、SUKLと同様な契約を結んだもののライセンスを取得できなかったためSUKLは契約を破棄。このため2月~5月末まで供給が止まり、オランダから輸入したものの国内産よりかなり高い価格となっていた。SULKは昨年10月と今年1月にも入札を実施したが、落札者はいなかった。

医療用大麻は、がんや多発性硬化症、HIV(エイズウイルス)の患者に処方される。患者が購入できる量は月に最大180グラムで、国内でこれを処方できる医師は20人程度と限られている。


関連国・地域: オランダチェコ
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品

その他記事

すべての文頭を開く

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

PKNオルレン、ウニペトロル残り株取得へ(05/24)

ユーロ未採用の7カ国、導入条件満たさず(05/24)

鉄道車両シュコダ、トランステック全株取得(05/23)

チェコ、ウクライナ人の雇用手続き簡素化へ(05/23)

オートノイム、ハンガリーに部品工場を開設(05/22)

ヴェオリア、チェコで熱電供給施設を建設へ(05/22)

ホームクレジットの越法人、米社が初格付け(05/21)

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン