• 印刷する

缶ビールの需要、チェコで拡大傾向に

ビール大国のチェコで、缶ビールの需要が拡大している――。背景にはビールの消費行動の変化がある。チェコ・ビール・モルト協会(CSPS)のデータを元に、ラジオ・プラハが21日伝えた。

それによると、チェコ人は伝統的にパブやレストランでビールを消費してきたが、最近は「家飲み」の人気が上昇。今年に入っても、外食産業におけるビール消費が縮小する一方で、缶ビールが大きく伸びているほか、瓶ビールも堅調な伸びを見せているという。

なお、チェコではかねて家庭用に購入する場合も、缶ではビールの味が落ちるとして瓶入りを選ぶ傾向が強かったが、近年は若年層を中心に缶ビールが普及。CSPSはこの理由として、軽量で壊れにくく、ふたを開けるのが容易で、冷却時間が瓶ビールより短いことなどを挙げている。

こうした利点から、缶ビールは瓶ビールよりも平均3コルナ(13セント)高いにもかかわらず売り上げを伸ばし、6月の販売量は前年同月比で73%拡大した。

チェコの缶ビールの歴史は米国や欧州主要国に比べはるかに浅い。米英仏独では缶ビールは1930年代に登場し、1950~60年代に幅広く普及したが、チェコでは1990年代に導入され、2010~2012年にようやく一般化した。


関連国・地域: 英国ドイツフランスチェコ米国欧州
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EU、チェコ政府の果樹園・灌漑支援を承認(01/14)

銃器ズブロヨフカ、米同業コルトと買収交渉(01/13)

チェコ、22日まで現行規制を延長(01/11)

チェコ失業率、12月は4%に悪化(01/11)

チェコ新車登録台数、12月は8.7%増加(01/08)

チェコ企業景況感、12月は改善(01/04)

トヨタ、チェコのPSAとの合弁工場を取得(01/04)

チェコ、非常事態宣言を延長=規制厳格化(2020/12/28)

チェコの自動車生産、1~11月は21.2%減少(2020/12/21)

チェコ中銀、政策金利を再び0.25%で維持(2020/12/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン