• 印刷する

フォード、旧型車買い替えで値引き 英顧客対象=他メーカーと足並み揃え

米自動車大手フォード・モーターは22日、2010年以前のあらゆるブランドのモデル保有者を対象に、フォード車への買い替え時に少なくとも2,000ポンド値引きする新たなサービスを英国で開始すると発表した。同様のスキームは独高級車BMWなども既に導入しており、排ガス不正問題などを発端に環境意識が高まる中、乗り換えによる二酸化炭素(CO2)排出量の削減を勧めることで売り上げ増につなげる。

フォードの乗用車の値引き価格は2,000~4,950ポンドで、「フィエスタ」や「Bマックス」、「フォーカス」など5モデルが対象。小型商用車では「トランジット・クーリエ」など4モデルに買い換える際、3,650~7,000ポンド値引きされる。

保有車両のメーカーは問わず、ディーゼル車とガソリン車のどちらにも適用される。2010年1月1日以前に登録され90日以上保有した車両であることが条件で、新たなフォード車は9月1日~12月31日に新車登録されるものが対象となる。

BMWのほか、ダイムラー傘下の高級車メルセデス・ベンツ、仏グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)傘下の英ボクソールは先に、旧型のディーゼル車両を対象に、新車への買い替え時に一部値引きする方針を発表。例えばBMWは、欧州連合(EU)の旧排ガス基準「ユーロ4」以前のディーゼル車を廃車にすることを条件に、現行基準「ユーロ6」に準拠した「BMW」や「ミニ」の新車を値引きするとしている。

なお英政府は7月、2040年までにディーゼル車とガソリン車の販売を全面的に禁止する方針を発表。健康リスクの主因となる窒素酸化物(NOx)の水準が高まる中、電気自動車(EV)への完全移行を目指すもので、禁止の対象にはハイブリッド車(HV)も含まれる見通し。

■中国でEV合弁

フォードは併せて、EVを手掛ける中国の安徽衆泰汽車と、折半出資の合弁会社を設立することで覚書(MOU)を締結したと発表。世界最大の市場規模を誇る中国で新たなEVブランドを確立し、開発、生産、マーケティング、サービスに携わる狙い。[環境ニュース][M&A]


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車電機医療・医薬品金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

チェコのEPH、英領北アの発電所を刷新(07/13)

英、入国後の自主隔離を撤廃 観光・航空業界の回復後押し(07/13)

仏社、アルミ製EV電池ケースで連合(07/13)

イングランド、25日からジムやプール再開(07/13)

英政府の新道路計画、EV排出削減量を相殺(07/13)

HSBC、ベトナムで再生プラ工場に融資(07/13)

ユーロスター、オランダと英国間の時間短縮(07/13)

英当局、送ガス電事業者の利益率半減を提案(07/10)

ライアンエアー、英客室乗務員の減給で合意(07/10)

HSBC、米国の一部事業で4億ドル損失も(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン