• 印刷する

伊南部のイスキア島で地震、2人死亡=39人負傷

イタリア南部ナポリ沖のリゾート地イスキア島で21日午後9時ごろ(現地時間)、マグニチュード(M)4の地震が発生し、建物が崩れた影響などで少なくとも2人が死亡、39人が負傷した。同島は観光地として人気が高く、多くの人々が休暇を過ごしていた。ANSA通信などが伝えた。

震源地は同島北部カザミッチョラ(Casamicciola)付近で、震源の深さは約5キロ。教会など6戸の建物が崩れた。犠牲者のうち、高齢女性は崩れ落ちた教会の破片にぶつかったとみられ、別の1人は崩壊した建物のがれきの下から見つかった。救出作業では、住宅の下敷きになった生後7カ月の男児らが救い出された。

被害の大半は島の高地に集中しており、沿岸部のホテルや住宅に目立った被害はなかった。地震後にはフェリー3隻が緊急派遣され、島を離れることを希望する観光客や住民らが利用した。

イタリア中部ラツィオ州では1年前の同時期に大地震が発生し、アマトリーチェ(Amatrice)を中心に300人近くが犠牲となった。

イスキア島はナポリから船で約1時間。ドイツ人観光客に人気で、メルケル独首相は頻繁に滞在している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツイタリア
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

伊政府、200億ユーロの経済刺激策を準備か(07/15)

欧州委、ルクソティカ買収承認で条件提示か(07/15)

ベネチア、洪水対策の防波堤を初導入(07/14)

イタリア鉱工業生産、5月は42.1%増加(07/13)

伊連立政権、道路運営権巡り合意形成目指す(07/10)

伊政府、AGCのバイオ技術社買収に介入も(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

欧州委、FCAとPSAの合併調査を延長(07/09)

欧州委、10カ国に旅行者の権利保護を要求(07/07)

FCA、仏PSAとの合併条件「変更なし」(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン