• 印刷する

自動車VW、EV版マイクロバスを発売

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は19日、電気自動車(EV)のコンセプトカー「I.D. BUZZ」をベースとしたマイクロバスを2022年に発売することを明らかにした。2025年までにEV30車種以上をラインアップに加える計画の一環として、自動運転機能付きの配送向け車両「I.D. BUZZ Cargo」と併せて市場に投入する。

「I.D. BUZZ」は今年1月の米国のデトロイトモーターショーでコンセプトカーとして初披露された。1950年代から世界中で多くのファンを引き付けるマイクロバス「タイプ2」と多くの共通点を持つ。VWによると、同イベント後に顧客から市販化の要望が殺到したことが発売決定の理由。「I.D.」シリーズのその他のモデルと同様に、主に北米、欧州、中国で展開する計画だ。

バッテリーはボディー床部に配置される見込み。EVの構造上の利点を生かして前輪軸と後輪軸の距離を大きく取り、長いホイールベースと短いオーバーハングが広い車内空間を実現する。[環境ニュース]

EV版マイクロバスのベースとなるコンセプトカー「I.D. BUZZ」(左、VW提供)

EV版マイクロバスのベースとなるコンセプトカー「I.D. BUZZ」(左、VW提供)


関連国・地域: ドイツアジア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

海運APモラー・マースク、通期は38%減益(02/22)

ポーランド電力各社、EV工場を共同開設へ(02/22)

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

通信テレフォニカ、第4四半期は12%減益(02/22)

独政府、食品廃棄量の減少に向けた行動計画(02/22)

スカニアとノビナ、来年に自動運転バス運行(02/22)

VW、米の輸入関税でコスト数十億ユーロ増(02/22)

2月は過去3カ月で最高 ユーロ圏総合PMI速報値(02/22)

ダイムラー、検察が排ガス不正で捜査開始(02/22)

カーシェア利用者が17%増加=乗り捨て人気(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン