• 印刷する

西シベリアで刺傷事件、7人が負傷

西シベリアのスルグト(Surgut)で19日午前(現地時間)、男がナイフで通行人を次々と刺し、7人が負傷した。うち4人が重傷。男は現場に駆け付けた警察官によって射殺された。事件後にはイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出しているが、当局は精神疾患の可能性も含め捜査を続けている。イタルタス通信などが伝えた。

捜査当局によると、犯人は地元に住む男で、氏名は公表されていない。当局は家宅捜索を行い、犯行の動機などを調査している。事件直後はテロの可能性は低いとしており、ISの犯行声明が公表された後も、正式なコメントを控えている。

欧州各地ではこのところ、テロ事件が相次いで発生している。スペイン・カタルーニャ州バルセロナの中心部では17日、バンが群集に突っ込み、少なくとも13人が死亡、約100人超が負傷した。この翌日には、同州のカンブリス(Cambrils)で、車が歩道に突っ込んで人々をはね、1人が死亡、6人が負傷する事件が起きた。また、フィンランド南西部のトゥルク(Turku)でも刃物を持った男が通行人を刺し、2人が死亡、少なくとも8人が負傷している。


関連国・地域: スペインフィンランドロシア欧州
関連業種: 自動車・二輪車政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロシア、白金鉱床の開発でジンバブエと合意(01/17)

ドイツ銀、ダンスケ銀巡り2度目の内部調査(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

ダイヤのアルロサ、ジンバブエで生産再開へ(01/16)

PSAの販売台数、通期は6.8%増加(01/16)

露国民の53%、メドベージェフ政権に不満(01/16)

露南西部のアパートでガス爆発、4人が死亡(01/16)

博報堂、英独の広告2社と業務提携(01/16)

アルメニア、パシニャン氏が首相に(01/15)

ロシア新車販売、12月は5.6%増加(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン