• 印刷する

ロンドン地下鉄、週末24時間運行開始から1周年

ロンドン地下鉄(LU)の週末24時間運行サービス「ナイトチューブ」が、18日夜に営業開始から1周年を迎える。累計利用者数は、18~20日の週末にかけて800万人を突破する見通し。BBC電子版などが18日伝えた。

ナイトチューブは2013年、ボリス・ジョンソン前ロンドン市長によって提案され、昨年8月からセントラル線とビクトリア線でサービスが開始。同10月にはジュビリー線が加わり、11月にはノーザン線、12月にはピカデリー線にも導入された。今年12月からは、地上鉄道網ロンドン・オーバーグラウンド(LO)への拡大が決定している。

ロンドン交通局(TfL)によると、1晩当たりの平均利用客数は15万3,250人。最も利用客数の多いレスタースクエア駅では、平均6,995人が利用する。オックスフォードサーカス駅やリバプールストリート駅でも利用客が多いという。

サディク・カーン・ロンドン市長は、「ナイトチューブは夜間の経済を大いに活性化させ、大きな成功を収めている」とコメントした。

営業開始から1周年を迎える「ナイトチューブ」の路線図(TfL提供)

営業開始から1周年を迎える「ナイトチューブ」の路線図(TfL提供)


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

エネ企業2社が新たに破綻 9月だけで計6社=ガス価格高騰(09/24)

仏米大統領が会談、関係修復図る=オーカス(09/24)

英政府、引退トラック運転手に復帰要請も(09/24)

英首相、国連総会で気候変動対策を呼び掛け(09/24)

9月は過去5カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

中銀、政策金利を史上最低水準に据え置き(09/24)

韓国、英国からワクチン調達へ=首脳会談(09/24)

英米FTA交渉への進展なく 気候変動なども協議=首脳会談(09/23)

英政府、CO2製造の米社に運転資金援助(09/23)

CO2不足、欧州でも深刻化の恐れ(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン