スペインで立て続けにテロ事件 サグラダ・ファミリアで追悼ミサ

スペイン北東部カタルーニャ自治州のカンブリス(Cambrils)で18日未明(現地時間)、車が歩道に突っ込んで人々をはね、1人が死亡、6人が負傷した。車に乗っていた犯人5人は、全員が治安部隊に射殺された。バルセロナではこれに先立ち、13人が死亡、約100人が負傷するテロ攻撃が発生。20日にサグラダ・ファミリア(聖家族)大聖堂で行われた追悼ミサには、国王のフェリペ6世やラホイ首相らが参列し、犠牲者の死を悼んだ。AFP通信などが伝えた。

カンブリスはバルセロナの南西約110キロに位置するリゾート地。犯人の車は突入後に横転し、中からナイフを持った男が出てきたが、直後に警察官に撃たれた。男は自爆ベルトのようなものを着用しており、後に偽物だったと判明しているが、これとは別に実際の爆弾も準備されていた。

なお、これらに先立つ16日夜、同州南部アルカナー(Alcanar)の住宅で爆発が発生し、少なくとも1人が死亡、7人が負傷する事件が起きていた。後に120個のガスボンベが押収されており、警察当局は、バルセロナのテロ攻撃のための爆発物を準備していたとみている。

警察当局は一連の事件の背景に、12人から成る犯行グループが関与し、6カ月以上をかけて計画していたとの見方を示している。うち5人はカンブリスで射殺され、モロッコ国籍の3人とモロッコ北東部のスペイン飛び地領メリリャ(Melilla)出身の1人の計4人が逮捕されている。逃走中とされる1人は、バルセロナのテロで車を運転していたとされ、現地メディアはこの人物がユネス・アブーヤアクーブ容疑者(22)で、フランスに逃亡した可能性があると伝えている。

なおバルセロナとカンブリスで発生したテロ攻撃を巡っては、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」がそれぞれについて犯行声明を出している。


関連国・地域: スペインアフリカ
関連業種: 観光・娯楽社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

西ナバンティア、サウジ軍事会社と合弁設立(07/23)

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

ライアンエアー、欧州ストで600便欠航へ(07/20)

サバデル、不動産資産を米サーベラスに譲渡(07/20)

石油セプサ、印西部で潤滑油を製造へ(07/20)

西憲法裁、カタルーニャ州独立動議差し止め(07/19)

VWの世界販売、6月は4.1%増加(07/19)

グーグル、求人検索サービスで英国進出(07/19)

ユーロ圏建設業生産、5月は0.3%増加(07/19)

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン