• 印刷する

ハイネケンのパンチ買収承認 英当局、競争阻害の懸念解消で

英競争・市場局(CMA)は18日、オランダのビール大手ハイネケンによる英パブチェーン大手のパンチ・タバーンズの買収計画を承認した。ハイネケンが対応策を提出したことで、競争阻害の懸念が解消されたため。

CMAは買収計画を巡り、英国のパブ市場に関する事前調査を実施。その結果、パンチの市場シェアは4%程度で、ハイネケンと合わせても10%に満たないことから、国内全体では競争上の懸念は生じないことが判明した。ただ、両社の市場シェアが比較的高い33地域においては、市場競争を阻害する可能性があるとして、今年6月にハイネケンに対応策の提出を命じていた。

ハイネケンはこれを受け、当該地域のパブを手放す意向を示した。CMAは同社の対応策が十分と判断し、本格調査を行わないことを決めた。

ハイネケンは昨年12月、パンチが英国内で展開する約1,900店舗のパブを4億270万ポンドで買収することで合意。ハイネケンは傘下のパブ運営会社を通じて同国で1,049店舗を展開しており、取引が完了すれば、グリーン(Greene)・キング・エンタープライズを抜いて英国最大手に浮上する。[M&A]


関連国・地域: 英国オランダ
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

エニ、オマーンの2鉱区のラインセンス取得(01/16)

英下院、EU離脱協定を否決 野党が内閣不信任動議を提出(01/16)

英フライビー、売却条件の引き上げで合意(01/16)

仏ロクシタン、英エレミスを9億ドルで買収(01/16)

ユーロ圏貿易収支、11月は黒字縮小(01/16)

米フォード、英での人員削減数は1千人超か(01/16)

シェルと蘭年金基金、エネコの共同買収検討(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

博報堂、英独の広告2社と業務提携(01/16)

豪郵便局、英物流会社を完全子会社化(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン