• 印刷する

仏モンブラン山の登山者、軽装で罰金も

アルプス山脈の高峰モンブラン(標高4,810メートル)の麓の町、サンジェルベ・レ・バン(Saint Gervais les Bains)は、登山者に対し適切な装備を義務付ける条例を公布した。ジャンマルク・ペイエ町長の話を元に、AFP通信などが17日伝えた。

装備が求められているのは、帽子、防水の登山用ジャケット、靴の裏に装着する滑り止めのアイゼン、クレパス脱出用器具など。違反者への罰金は38ユーロと小額だが、軽装に起因した事故が重なっているにもかかわらず、警告を聞き入れない登山者がいるため、決定に踏み切ったという。条例はフランス語のほか英語とロシア語に翻訳して公示する予定だ。

モンブランでは8月に入り、日本やチェコ、フランス、韓国からの登山家の遭難・死亡事故が頻発。サンジェルベ地域は、モンブラン登山者にとって最も人気のあるルートが通っている。


関連国・地域: フランスチェコアジア欧州
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

セルビアとコソボ、EU主導の交渉を再開(07/14)

アルストム、鉄道事業買収に向け工場売却(07/14)

サフラン、メキシコ北部に新工場を建設へ(07/14)

仏国務院、大気質改善の怠慢で政府に罰金へ(07/14)

アコーホテルズ、MEAで2千人整理(07/14)

仏製造業生産、5月は22%増加(07/13)

仏社、アルミ製EV電池ケースで連合(07/13)

「ベジバーガー」の呼称禁じる仏新法に異議(07/13)

ノートルダム大聖堂、19世紀の姿を再現へ(07/13)

エアバス、上半期の納入機数は5割減(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン