• 印刷する

マクロン仏大統領の支持率、37%に急落

就任から100日が経過したマクロン仏大統領の支持率低下が止まらない。世論調査会社ハリス・インタラクティブが16日公表した最新調査で、直近の支持率が37%に低下したことが明らかになった。

調査は8月8~10日に、18歳以上の994人を対象に実施。それによると、マクロン氏に否定的な見解を示したのは62%に達した。極左や極右の有権者からの不支持が特に高かった。

調査機関Ifopが先に発表した調査結果でも、支持率は36%と今回と近い結果となった。同機関の調査ではマクロン氏の支持率は6月の64%から7月に54%まで下がっており、2カ月連続で大幅な低下を記録した。

支持率低下の背景には、国内政策が批判を浴びていることがある。7月に国防予算の削減をめぐり軍トップのドビリエ統合参謀総長を辞任に追い込み、反対派がかねて指摘していた独裁的な言動への懸念が高まったことも響いた。


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、上半期の納入機数は5割減(07/10)

アルストム、鉄道事業買収に向け工場売却も(07/10)

仏首相、第2波到来でも全国的再封鎖はせず(07/10)

トタル、モザンビークガス事業の資金確保か(07/10)

PSA、「フリー2ムーブ」にオンデマンド(07/10)

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

エア・リキード、台中市の新工場着工(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

イネオス、ダイムラー仏工場の取得巡り協議(07/09)

欧州委、FCAとPSAの合併調査を延長(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン