• 印刷する

マデイラ島の祭りで巨木倒壊、13人死亡

ポルトガルのマデイラ島で15日正午過ぎ(現地時間)、島内最大の祭りでにぎわう群集に向かって樹齢およそ200年のかしの木が倒れ、少なくとも13人が死亡した。他に52人が負傷している。BBC電子版などが伝えた。

現場は島の中心部フンシャル(Funchal)の郊外にある広場で、カトリックの祭壇があり、周囲にはかしの木が生い茂っていた。この日はキリスト教の祝祭行事で地元の人々や観光客が多数訪れていた。

現場にいた人は当時の状況について、「まるで銃声のようだった」と振り返り、倒れた木の下に複数の人々が下敷きになっているのを見たと明かした。現地メディアによると、負傷者にはドイツ人やハンガリー人、フランス人も含まれているという。

マデイラ島は事故を受けて、3日間の服喪を宣言。ポルトガルのレベロデソウザ大統領は現地を訪れ、「全てのポルトガル国民が衝撃を共有している」とし、犠牲者への哀悼の意を示した。

なお、この祝祭行事は昨年、会場周辺で山火事が発生したため中止となっていた。

マデイラ島はポルトガルの南西沖に位置し、北大西洋に浮かぶマデイラ諸島の中で最大の島。特産品にはマデイラ・ワインがあり、年間を通じて温暖な気候のため、欧州の観光客から人気が高い。島の人口は約25万人で、大半がカトリック教徒。


関連国・地域: ドイツフランスポルトガルハンガリー
関連業種: 食品・飲料観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏求人率、第2四半期は2.1%で横ばい(09/18)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で仮合意(09/17)

愛ライアンエアー、欧州5カ国で再びスト(09/14)

ユーロバンク、アリオル銀などが買収提案(09/07)

欧州の人気赴任先、首位はポルトガル(09/07)

ユーロ圏小売売上高、7月は0.2%減少(09/06)

EUでハロゲン電球の生産禁止=9月1日から(08/24)

帝人、複合材料イナパルを買収(08/23)

医療用大麻ヘンポーランド、カナダ社が買収(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン