• 印刷する

英通信BT、公衆電話ボックスの半数を撤去へ

英通信大手BTグループは、国内に残る4万台の公衆電話ボックスの半数を5年以内に撤去する方針だ。使用頻度が比較的高い電話ボックスを維持する。BBC電子版などが15日伝えた。

公衆電話の使用が年間20%以上のペースで減り、過去10年間で10分の1以下に落ち込んでいることが背景にある。一方、維持費は毎年600万ポンド程度かかかっており、半分以上の電話ボックスが赤字という。

英国の公衆電話ボックスは1992年にピークの9万2,000台に達した。携帯電話が幅広く普及した今でも1日当たり3万3,000件前後の通話が行われているが、電話ボックスの3分の1は全く使用されていない。

BTは電話ボックスの半径400メートル以内に別の電話ボックスがある場合、片方を撤去することが認められている。近くに他の公衆電話がない場合、地域一帯で唯一の電話ボックスを撤去するには、住民への事前の通知や地元自治体の承認が必要だ。

赤い電話ボックスは今でもロンドン観光の名所の1つ(Photo by Les Chatfield/Flickr)

赤い電話ボックスは今でもロンドン観光の名所の1つ(Photo by Les Chatfield/Flickr)


関連国・地域: 英国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英下院、合意なき離脱阻止に向けた案を可決(07/22)

ジョンソン氏、首相就任なら閣僚3人辞任も(07/22)

財政収支、6月は赤字拡大(07/22)

金鉱アカシア、加バリックへの身売りで合意(07/22)

HIS、英でのミュージカル体験ツアー販売(07/22)

ユニリーバ、印で新洗剤ブランド投入(07/22)

英下院委員会、警察の顔認証利用停止を要求(07/22)

露、欧州の対イラン貿易支援機関に参加も(07/19)

合意なき離脱なら景気後退も 英予算責任局が報告書で指摘(07/19)

バルニエ氏「合意なき離脱の結果に責任を」(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン