ポルトガル、止まぬ山火事でEUに救援要求

ポルトガルの山火事が止まらない。今夏、森林火災が相次いでいる同国では12日に268カ所で火災が発生し、1日の発生件数で年内最多を記録。現地の消防当局は、欧州連合(EU)加盟国の救援を受けて消火活動を続けている。ロイター通信などが伝えた。

EUの統計によると、同国では今夏14万ヘクタール以上が焼け、被害が既に過去10年の平均の3倍を上回っている。6,500人の消防員が出動した12日には、高温と強風の予報を受け、EUに対して消火活動の協力を要請。64人の死者が出た6月中旬の大火災に続き、今夏2度目の要請となった。

ポルトガル当局によると、13日はスペインが消火用飛行機3機、消防車27台、消防員120人を派遣。14日正午時点(現地時間)で中部コインブラ(Coimbra)など6カ所で依然として大規模な火災が確認されている。

ポルトガルでは夏が終わるまで、火災発生は続くと予想されている。


関連国・地域: EUポルトガル
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ライアンエアー、イースター休暇にストも(02/23)

ユーロ圏建設業生産、12月は0.1%増加(02/20)

ユーロ圏鉱工業生産、12月は0.4%増加(02/15)

人材紹介ランスタッド、通期は11%増益(02/14)

ライアンエアー、南アでパイロット求人開始(02/12)

ポルトガル失業率、12月は過去13年で最低(02/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン