• 印刷する

パリ東郊のピザ店に車突っ込む=1人死亡

パリ東郊の町セットソール(Sept-Sorts)で14日午後8時15分ごろ(現地時間)、車がピザ店のテラス席に突っ込み、13歳の少女が死亡、13人が負傷した。うち5人が重傷を負っている。内務省の広報担当者によると、逮捕された運転手はフランス国籍の32歳の男。故意の攻撃とみられるものの、テロの可能性については否定している。BBC電子版などが伝えた。

事件現場では当時、約20人が食事を取っていた。重傷者の中には、犠牲となった少女の3歳の弟が含まれるという。

当局によると、容疑者に犯罪歴はないが、前日に自殺を試みていた。AFP通信は、この男が犯行前に大量の薬を服用していたと報じている。

フランスでは近年、車を使った攻撃が頻発している。昨年7月には仏南東部ニースで、海岸沿いの遊歩道の群衆にトラックが突入し84人が死亡。先には、パリの北西に位置するルバロワ・ペレ(Levallois-Perret)で、乗用車が兵士らに突っ込み、少なくとも6人が負傷した。


関連国・地域: フランス
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏、独と国境接するモゼル県で規制厳格化(02/26)

携帯4社、パリ市と5Gサービス展開で合意(02/26)

エアバスとNAS、発注取り消し条件で合意(02/26)

オレンジ、基地局部門「トーテム」新設へ(02/26)

スエズ、オマーンで油田の水処理設備を受注(02/26)

仏消費者信頼感、2月はやや悪化(02/26)

EDF、ケニアの太陽光発電2社に出資(02/26)

CDP、アトランティア子会社買収で新提案(02/25)

エアバス、航空NASが88機発注取り消しも(02/25)

製造業景況感、2月も改善(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン