• 印刷する

イタリアの沿岸海水、4割が汚染物質を含有

イタリア沿岸の海水の40%が汚染されている——。同国の環境保護団体レガンビエンテ(Legambiente)が行った最新の調査から、こうした実態が明らかになった。

レガンビエンテはイタリアの海岸線7,412キロメートルの260カ所で海水サンプルを採取。検査の結果、そのうち105カ所のサンプルから、法定値を上回る量の細菌が検出された。調査報告書では、サンプルを採取した場所のうち38カ所を、過去5年以上にわたり汚染が続いている「最も深刻な地域」に指定。首都ローマを擁するラツィオ州のほか、南部のカンパニア州、カラブリア州、シチリア州などがこれに含まれている。

汚染の原因は、不十分な水処理または汚染物質の垂れ流しがトップ。これに違法漁業、セメントおよびボートから出た廃棄物による汚染が続く。

レガンビエンテは1980年代に設立された非営利団体で、毎年夏にイタリア沿岸の汚染状況の調査を実施している。イタリアでは昨年、環境問題に関連する個人や企業を相手取った起訴件数が1万5,000件に上り、1万8,000人以上が通報・逮捕された。今年は現時点で起訴件数は半減しているものの、罰金・差し押さえ金額は4億6,500万ユーロと1年前から2倍超に増えている。[環境ニュース]


関連国・地域: イタリア
関連業種: 農林・水産運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コンテ首相、辞任表明=新政権樹立目指す(01/27)

欧州委、伊の学校の高速通信化計画を承認(01/25)

伊議会、320億ユーロの景気刺激策を承認(01/22)

イタリア製造業受注、11月は1.3%減少(01/22)

レオナルド、伊南部の4工場近代化に投資へ(01/22)

大気汚染死亡リスク、欧州首位は伊ブレシア(01/22)

コンテ伊首相、上院でも信任獲得(01/21)

A2A、グリーン化に160億ユーロ投資(01/21)

エニ、バーレーンで循環型経済の促進へ(01/21)

伊首相の信任投票、下院で可決=上院投票へ(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン