• 印刷する

欧州委、EV比率の基準導入か 排ガス規制見直しで=独環境省

ドイツ政府は、欧州委員会が自動車の排ガス規制見直しの一環として、電気自動車(EV)の比率を一定水準以上に引き上げるよう自動車業界に義務付ける方針と見ているもようだ。環境省の広報官の話を元に、ロイター通信が11日伝えた。

欧州委は先に、こうした可能性を否定したばかり。ただ環境省の広報官は、EV比率の基準を定めない限り、欧州連合(EU)は二酸化炭素(CO2)排出量の削減目標を達成できないとの見方を示している。

世界では中国が、自動車販売台数に占めるプラグイン・ハイブリッド車(PHV)やEVの比率をめぐる基準を導入する方針を打ち出している。これに対し、欧州や米国、日本、韓国の自動車業界団体は、導入を1~3年遅らせるよう書面で要請している。

■社会民主党もEV比率の基準導入を提案

ドイツの連立与党である社会民主党(SPD)はこの日、9月の総選挙に向け、排ガス不正問題の渦中にある国内自動車産業の改革計画を発表した。欧州全域でのEVの比率に基準を定める案が目玉となっている。

SPDのマルティン・シュルツ党首は、こうした措置はEV技術の進歩および自動車産業の未来のために必要との考えを示している。また、EV用バッテリーの生産を外国企業に頼らず、国内での生産に向け投資を拡大する必要もあると訴えている。一方、メルケル首相は12日、こうしたSPDの政策を真っ向から批判。EV比率の基準の設定は複雑すぎると一蹴している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツEUアジア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ING、独コメルツ銀との提携視野に接近か(04/18)

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

ダイムラー、電池素材の米新興企業に出資(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

金融当局、ワイヤーカード株取引で刑事告訴(04/18)

ドイツ機械受注高、2月は10%減少(04/18)

ユニリーバの会長、米バイオ企業の取締役に(04/18)

ボッシュ、独南西部に音響試験センター開設(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン