• 印刷する

年初からの移民流入数、昨年の3倍に=スペイン

今年に入ってからスペインに流入した移民や難民の数が、前年同期から3倍へと急増している。モロッコからスペインに到着するルートが安全と考えられていることが背景にある。国際移住機関(IOM)のデータを基に、BBC電子版が11日伝えた。

8月9日までの時点でスペインに流入した移民・難民の数は1万1,849人。そのうち、北アフリカから海を渡って流入したケースは8,385人に達した。海経由でギリシャに到達したのは1万1713人。IOMは、今年のスペインへの流入者数はギリシャを上回る可能性もあるとしている。なお、移民・難民の最初の到達地はイタリアが9万6,861人で最多。

こうした事態について、スペイン政府からの公式なコメントはないものの、慈善団体からは「難民収容施設はすでに収容人数の限界を超えており、これ以上の受け入れはできない」との声が上がっている。

スペインでは昨年の難民申請件数が1万5,755件となり、過去最高を記録した。しかし、欧州連合(EU)全体で見た場合、申請件数はおよそ126万件。スペインはこのうちわずか1.3%を占めるに過ぎない格好だ。


関連国・地域: EUイタリアギリシャスペインアフリカ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

自動車セアト、生産縮小を来年まで延長へ(09/17)

スペイン電力業界、価格引き下げ策に反発(09/17)

インディテックス、上半期は黒字回復(09/16)

スペイン、エネルギー価格引き下げ策導入へ(09/15)

NEC、スペイン社とオープンRAN導入へ(09/15)

双日、スペインの電力小売事業に参入(09/14)

スペイン南部の森林火災、6日目に(09/14)

バルセロナ空港拡張、環境破壊問題で保留に(09/13)

住友商事、ボタシュと船舶用LNG供給提携(09/09)

当局、豪社のナトゥルジー株取得計画を承認(09/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン