• 印刷する

夏場の運航遅延、イージージェットが最悪=英国

英国の航空会社で、夏季休暇シーズンにおける運航遅延の時間が最も長いのは格安航空大手イージージェット――。BBCが独自調査を元に伝えた。

BBCは英民間航空局(CAA)による2015年と2016年の6~8月のデータを基に、英国の空港とそこを発着する航空会社の運航実績を分析。それによると、利用者数で上位10社のうち、イージージェットは遅延時間が平均24分と最長。中でも、ガトウィック空港からの出発便は平均27分の遅れがあった。2位は英旅行大手トーマス・クックで19分。これに英ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の18分が続いた。遅延時間が最も短かったのは、アイルランドのエアリンガスで平均12分。

イージージェットは、ロンドン空域の混雑や航空管制官のストライキなどにもかかわらず、昨年は運航遅延率を大幅に引き下げたとコメントしている。

空港別では、ガトウィック空港からの出発便の遅延時間が最も長く平均27分。規模が小さい空港では運航が遅延する可能性が低くなる傾向にあるという。


関連国・地域: 英国アイルランド
関連業種: 運輸観光雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

合意なき離脱巡り不協和音 首相と一部閣僚の足並みに乱れ(01/24)

【ウイークリー統計】第29回 インフルエンザ予防接種率と入院日数(01/24)

ダイソン、本社をシンガポールに移転へ(01/24)

英当局、監査法人交代ルールの順守求める(01/24)

豪銀4社、英EU離脱懸念で拠点移動を計画(01/24)

米投資アポロ、プラ包装材RPCを買収(01/24)

エティハド航空、エアベルリン管財人を提訴(01/24)

ボーダフォンとO2、インフラ巡る提携拡大(01/24)

カフェのパティスリー・バレリーが経営破綻(01/24)

テスコの元CFO、不正会計疑惑で無罪確定(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン