スーパーの英テスコ、再利用可能なレジ袋導入へ

スーパー英最大手のテスコは7日、1枚5ペンスで販売しているレジ袋の提供を終了し、再利用可能な10ペンスの買い物袋を導入すると発表した。8月28日から切り替えるとしている。

新たな買い物袋は原料の94%に再生プラスチックを使用。これまでのような使い捨てではなく繰り返し使うことができ、破れた場合は無料で交換に応じる。スコットランド北東部アバディーン、東部ダンディー(Dundee)、イングランド東部ノリッジ(Norwich)で10週間にわたり実施した試験販売の結果が良好だったことから、全国に広げる考えだ。

テスコは買い物袋の売り上げを地域社会の様々なプロジェクトに役立てる方針。同社は2015年に有料レジ袋を導入して以来、すでに6,400件以上のプロジェクトに総額3,300万ポンド余りを寄付している。

テスコのレジ袋の年間消費枚数は有料化以降、15億枚減少しているものの、販売枚数はなお7億枚と、大手スーパーでは最も多いという。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

ABインベブ、南アで1リットル瓶投入(05/24)

欧州の旅行先ランキング、伊北東部が首位に(05/24)

PGE、同業ポレネルギアへのTOB実施へ(05/24)

小売りM&S、通期は62.1%減益(05/24)

ユーロ未採用の7カ国、導入条件満たさず(05/24)

石油BP、上流事業で年内に540人整理へ(05/24)

ウェールズの鉄道運営権、仏西連合が落札(05/24)

ウーバー、欧州ドライバーに手当支給へ(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン