• 印刷する

ロシアのダイヤ鉱山で水没事故、9人が行方不明

ロシアの東シベリアのサハ共和国にあるダイヤモンド鉱山で4日午後4時半ごろ(現地時間)、水没事故が発生し、9人の作業員が行方不明となった。鉱山を所有するダイヤモンド生産会社アルロサ(Alrosa)が明らかにした。

事故発生当時、142人が坑内におり、うち133人が避難した。現地当局は、30万立方メートルに上る水が坑内に流れ込んだ可能性があると指摘している。

アルロサによると、事故の起きたミール鉱山は1950年代に開坑され、坑道の長さは10キロメートル、深さは1,000メートル。

ロシア国営のアルロサは業界最大手で、英資源大手アングロ・アメリカン傘下のデビアス(De Beers)・グループと合わせると、生産量は世界の半分を占める。


関連国・地域: 英国ロシア
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ユーラシア経済フォーラム、伊北部で開催(10/23)

鉄鋼セベルスタリ、第3四半期は66%減益(10/23)

ロシアとイラン、米大統領選に介入も(10/23)

ロシアの失業率、9月は6.3%に改善(10/22)

韓国・暁星、ズベルバンクからATM受注(10/22)

仏大統領、露政府にテロ対策強化を要請(10/22)

ロシア鉱工業生産、9月は5%減少(10/20)

香港、フランスなどを高感染リスク国に(10/20)

ブルガリア、原子炉建設で米企業と協議へ(10/19)

ザルベジネフチの越合弁、産出目標を達成(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン