• 印刷する

ルノー、イランで合弁設立 「シンボル」など現地生産を加速

仏自動車大手ルノーは7日、イラン産業開発・革新庁(IDRO)およびルノー車の輸入を手掛けるパルト・ネギン・ナセ(Parto Negin Naseh)と合弁会社を設立すると発表した。セダン「シンボル」とスポーツタイプ多目的車(SUV)「ダスター」を現地生産する。

3社は2016年9月に合弁設立で合意していた。新会社はルノーが過半数株を保持する予定。イラン北部サベ(Saveh)に拠点を置き、組立工場とエンジン工場を備える。両工場の年産能力はそれぞれ、1万5,000台、1万5,000基となる見込みだ。取引は競争当局などの承認を経て、10月末までに完了する見通し。

ルノーは2003年にイランに進出。IDROとの合弁会社ルノー・パース(Pars)を通じて、国営自動車メーカー、サイパ(Saipa)とイラン・ホドロ(Khodro)・インダストリアル・グループ(IKCO)に小型車「トンダル(欧州ではロガン)」や「サンデロ」の現地生産を委託している。ルノーは今後も、両社との提携を継続する。また、ルノー・パースは先に、現地サプライヤーとアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)の現地生産について契約を結んだと報じられた。

ルノーのイランにおける販売台数(小型商用車含む)は上半期(1~6月)に6万8,365台となり、1年前から2倍超に拡大。市場シェアは9.7%だった。[M&A]


関連国・地域: フランス中東
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

仏議会、差別懸念も「ヘルスパス」導入可決(05/14)

エールフランスなど、09年墜落事故巡り起訴(05/14)

エンジー、シンガポールで地域冷房受注(05/14)

エアバス、仏工場のA321生産計画を再開(05/13)

ルノー、EVバッテリー交換技術の導入検討(05/13)

仏ICU看護師、賃上げ求めスト=人手不足(05/13)

仏上院、環境巡る憲法改正案を骨抜きに(05/12)

重電アルストム、通期は47.1%減益(05/12)

自動車部品販売PHE、パリ上場を計画(05/12)

仏枯葉剤裁判、原告の訴え棄却(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン