• 印刷する

欧州各地で気温40度超え=10年以上ぶり酷暑

南欧や中東欧の一部が10年以上ぶりの酷暑に見舞われている。アフリカからの熱波が地中海を超えて押し寄せているため。各地で気温が摂氏40度を超え、警報が出されている。BBC電子版が4日伝えた。

イタリアでは気温がこの時期の平均気温を10度も上回り、3日にはローマ近郊で摂氏43度を記録。南西部のシチリア島でも42度、サルデーニャ島では44度に達した。同国では降雨不足も深刻化しており、ローマでは先に公共水飲み場への給水が停止されている。

このほか、ルーマニアでも最高42度と異例の高温を記録し、少なくとも1人が熱中症で死亡。クロアチアのドブロブニクを含むアドリア海沿岸で42度に達した。こうした中、26都市が市民や観光客に熱中症への警戒を呼び掛けている。

熱波は少なくとも7日まで続く見通しで、これらの国にスペイン、フランス、スイス、ハンガリー、ポーランド、ボスニアヘルツェゴビナ、セルビアなども加えた計11カ国で気象警報・注意報が出されている。


関連国・地域: フランスEUイタリアスペインスイスポーランドハンガリールーマニアクロアチアセルビアボスニアヘルツェゴビナ
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、水素戦略計画を公表 再生エネ由来の水素を拡大へ(07/10)

英、EU離脱後の環境規則巡り正念場 <連載コラム・環境フォーカス>第45回(07/10)

イベルドローラ、再生エネ向けに融資確保(07/10)

EUの復興計画、オランダの説得が鍵(07/10)

世界の感染者数、1200万人突破=死者55万人(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

JAL、8月から独仏路線の運航を拡大(07/10)

東欧2カ国、ERM2参加が近く承認か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン