• 印刷する

新車登録台数、7月は9.3%減少 3部門不振で4カ月連続マイナス

自動車製造取引業者協会(SMMT)は4日、7月の英国の新車登録台数が16万1,997台となり、前年同月比9.3%減少したと発表した。4カ月連続のマイナスで、個人購入と法人向け、フリートの3部門がいずれも落ち込んだ。

7月は個人購入が6.8%減り、フリートは10.1%縮小。法人向けも23.8%減少した。燃料別ではディーゼル車が20.1%、ガソリン車が3%それぞれ減少した。電気自動車(EV)など代替燃料車(AFV)は64.9%拡大した。市場シェアは1年前から2.5ポイント上昇し5.5%だった。

新車登録台数をメーカー別に見ると、英国車は米ゼネラルモーターズ(GM)傘下(7月時点)のボクソールが41.6%減少。インドのタタ・モーターズが展開するランドローバーが7.9%増えた半面、姉妹ブランドのジャガーは16.6%減った。

ドイツ勢はフォルクスワーゲン(VW)が0.4%拡大。高級車はメルセデス・ベンツは0.3%減少した。VW傘下のアウディは11.4%増えた半面、BMWは6.4%のマイナスだった。フランス車はルノーが5%減少。プジョーと姉妹ブランドのシトロエンはそれぞれ29.7%、25.6%落ち込んだ。販売台数が最も多い米フォードは23.9%減っている。

日系メーカーは、トヨタ自動車(レクサス除く)は20.2%増加。一方、日産自動車が1.6%減少した。ホンダは1.2%減らし、マツダも8%落ち込んだ。スズキと三菱自動車もそれぞれ3.3%、12.7%のマイナスだった。韓国勢は現代自動車が1.5%拡大した半面、傘下の起亜自動車は3.5%減っている。

1~7月の累計登録台数は156万3,808台と、1年前を2.2%下回っている。

SMMTのマイク・ホーズ最高経営責任者(CEO)は、消費者信頼感と企業景況感の冷え込みが新車需要に影響しており、政府はブレグジットの詳細を早急に決定すべきとコメント。また、AFVの需要増加について、大気汚染に関連する政策の不透明感が消費者の目をAFVに向けさせていると指摘した。[環境ニュース][日本企業の動向]


関連国・地域: 英国ドイツフランスアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

アストンマーティン、10倍弱の増益(11/16)

ロイヤル・メール、上半期は利益半減(11/16)

小売売上高、10月は0.5%減少(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

ソニー、EMIを完全子会社化(11/16)

英国、賭博規制の導入を来年4月に前倒し(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン