伊11州、干ばつ巡る非常事態宣言を要請

例年にない高温と雨不足に苦しむイタリアで、全国20州のうち11州が、干ばつに対応するための非常事態宣言の発令を政府に要請する方針だ。BBC電子版が伝えた。

この11州は、北東部ベネト州から南部シチリア州に及び、首都ローマを擁するラツィオ州も含まれている。マルティ農水相は、国家基金を活用して事態に迅速に対処する準備ができているとした。

ローマの現地当局は先に、大幅な給水制限を回避することを決定。一方、バチカンは節水のため噴水を停止している。イタリアの農業生産者団体コルディレッティ(Coldiretti)によると、この干ばつの影響により、農業部門は最低でも20億ユーロの損害を被るとしている。

なお、非常事態宣言を要請する州は他に、北東部エミリア・ロマーニャ州、トレント州、中部トスカーナ州、マルケ州、南部モリーゼ州、プッリャ州、カラブリア州、サルディーナ州となっている。[環境ニュース]


関連国・地域: イタリア
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

伊メディアセット、EIタワーズにTOB(07/19)

コーヒーのイリー、JABやネスレが関心(07/19)

日立、ミラノ地下鉄向け車両72両を追加受注(07/18)

モンテ・パスキ、不良債権証券化で国家保証(07/18)

欧州新車登録、5.2%増加 6月として過去最高を記録(07/18)

伊政府、500億ユーロの追加投資計画を提案(07/17)

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン