• 印刷する

航空BA、ロンドン各空港でシステム障害

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のチェックイン・システムに2日早朝、障害が発生し、ロンドン各空港で搭乗客が足止めされた。午前9時には解決したものの、搭乗カウンターには一時、夏休みの旅行客が長蛇の列をつくった。同社は5月の連休にもIT(情報技術)システム障害が起き、670便以上の欠航を余儀なくされたばかり。BBC電子版が伝えた。

今回、チェックイン・システムの障害による影響を受けたのは、ロンドンのヒースロー、ガトウィック、ロンドン・シティーの各空港。これらの空港では搭乗手続きが手作業に切り替えられ、乗客は長い待ち時間を強いられた。

BAはその後の声明で、「今朝の問題は解決し、通常通り顧客のチェックインが行われている」と発表。「一時的なチェックインの問題により、早朝便の搭乗客の一部に遅れが生じた」として謝罪した。

BAを運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は先に、5月のシステム障害は人為ミスによるものと説明。エンジニアがシステムの電源を誤って切り、再度電源を入れた際に電力サージが起きたことが原因との見方を示した。この問題を巡っては、コスト削減のためIT業務をアウトソーシング(外部委託)したことが原因との批判が出ているが、BAはこれを否定している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン