• 印刷する

航空BA、ロンドン各空港でシステム障害

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)のチェックイン・システムに2日早朝、障害が発生し、ロンドン各空港で搭乗客が足止めされた。午前9時には解決したものの、搭乗カウンターには一時、夏休みの旅行客が長蛇の列をつくった。同社は5月の連休にもIT(情報技術)システム障害が起き、670便以上の欠航を余儀なくされたばかり。BBC電子版が伝えた。

今回、チェックイン・システムの障害による影響を受けたのは、ロンドンのヒースロー、ガトウィック、ロンドン・シティーの各空港。これらの空港では搭乗手続きが手作業に切り替えられ、乗客は長い待ち時間を強いられた。

BAはその後の声明で、「今朝の問題は解決し、通常通り顧客のチェックインが行われている」と発表。「一時的なチェックインの問題により、早朝便の搭乗客の一部に遅れが生じた」として謝罪した。

BAを運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は先に、5月のシステム障害は人為ミスによるものと説明。エンジニアがシステムの電源を誤って切り、再度電源を入れた際に電力サージが起きたことが原因との見方を示した。この問題を巡っては、コスト削減のためIT業務をアウトソーシング(外部委託)したことが原因との批判が出ているが、BAはこれを否定している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

接触追跡アプリ、イングランドで利用可能に(09/24)

9月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(09/24)

スコットランド、世帯間の交流制限を厳格化(09/24)

米ローンスター、アズダ買収合戦から撤退(09/24)

HSBC、香港で中堅幹部含む40人解雇か(09/24)

EU、英国内市場法案巡り提訴を再度示唆(09/24)

ティックトック、域内への情報移転を否定(09/24)

ABインベブ、ビールに注意表示へ(09/23)

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

英、在宅勤務を再び奨励 飲食店は営業短縮=半年継続も(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン