• 印刷する

エストニアで無人運転バスが運行開始

エストニアの首都タリンで、無人運転バス2台が試験運行を開始した。初日から3日間を大事故なしに乗り切ったものの、ひやりとする場面もいくつかあったもようだ。公共放送局ERR電子版が1日伝えた。

ニアミスが発生したのは運行開始から3日目。回転灯を点灯しているパトカーが近付いてきたのに道を譲らなかったところを目撃された。またERRのカメラマンによると、歩行者用横断歩道で赤信号を無視し、歩行者を驚かせる一幕もあった。

無人運転バスの運行ルートは大部分が現在使用されていないトラムの線路を利用し、一般の車と接するのは交差点1カ所のみ。また、道路交通法に基づき乗務員1人が乗り込んでおり、乗客を迎えたり自動運転技術の説明を行うほか、いざという時には運転に介入する。プロジェクトの総費用は10万ユーロで、主に民間が出資している。試験期間は8月末まで。


関連国・地域: エストニア
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ダンスケ銀会長、資金洗浄疑惑で辞任へ(11/08)

ダンスケバンク、第3四半期は利益半減(11/02)

ダンスケバンク、内部告発者の守秘義務免除(10/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン