• 印刷する

モスクワの裁判所で発砲、犯人3人が死亡

モスクワの裁判所で1日午後1時50分ごろ(現地時間)、護送中の被告5人が警官から銃を奪い発砲する事件が発生した。5人のうち3人が死亡し、残る2人と警官など3人が負傷した。イタルタス通信などが伝えた。

内務省の発表によると、被告らは「GTAギャング」の一員で、裁判所内のエレベーター内で警備の警官を攻撃。銃を奪って逃走を図った。その後、駆け付けた国家警備隊と銃撃戦となり、少なくとも20発が発砲されたという。裁判所からは一時、職員などが避難した。

GTAギャングはモスクワを中心に活動。2012~2014年に17件の殺人と2件の殺人未遂、強盗、武器の不法所持などの容疑が掛けられており、これまでに9人が起訴されている。


関連国・地域: ロシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

J・マッセイ、フィンランドにEV素材工場(04/20)

チェコ、ロシア外交官18人を追放=露も報復(04/20)

ナワリヌイ氏、容体悪化で欧米が圧力強化(04/20)

ルスアル、独同業A・ラインフェルデン買収(04/20)

トラックの露カマズ、通期は黒字回復(04/20)

露ワクチン、印で月5千万回分を生産へ(04/19)

米国、対露制裁発動へ=サイバー攻撃巡り(04/16)

イケア親会社、露の太陽光発電所に投資(04/15)

インド、露ワクチン「スプートニクV」承認(04/15)

ロシア、水素輸出拡大目指す=3千万トン超(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン