• 印刷する

スコッチウイスキー、英国法で定義も

スコッチウイスキーは英国法で明確に定義付けられるべきだ―――。ブレグジット後の輸出体制を保護するため、スコットランド自治政府のブラウン経済長官が英政府にこうした内容の書簡を送った。BBC電子版などが7月31日、伝えた。

スコッチウイスキーは現在、2009年に制定されたスコッチウイスキー規則により、糖化から発酵、蒸留、熟成までスコットランドで行われたウイスキーのみがスコッチウイスキーと呼ばれる。現行の欧州連合(EU)による定義でも、この基準を満たしていない商品をスコッチウイスキーとして販売することはできない。

しかし、米国は包括的貿易投資協定(TTIP)においてウイスキーの定義緩和を支持する姿勢を明らかにしている。英国のフォックス国際貿易相は先の訪米時に、これを検討する姿勢を示したと伝えられており、ブラウン氏の文書はこれに対する懸念を表明するもの。

スコッチウイスキーの昨年の輸出高は、前年比4%増の39億9,900万ポンド。スコットランドでは約2万人が同産業に従事している。英国政府は、スコッチウイスキーは英国の輸出産業の成功例であるとし、ブレグジット後もさらに発展できるよう支援するとしている。


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

合意なき離脱巡り不協和音 首相と一部閣僚の足並みに乱れ(01/24)

【ウイークリー統計】第29回 インフルエンザ予防接種率と入院日数(01/24)

ダイソン、本社をシンガポールに移転へ(01/24)

英当局、監査法人交代ルールの順守求める(01/24)

豪銀4社、英EU離脱懸念で拠点移動を計画(01/24)

米投資アポロ、プラ包装材RPCを買収(01/24)

エティハド航空、エアベルリン管財人を提訴(01/24)

ボーダフォンとO2、インフラ巡る提携拡大(01/24)

カフェのパティスリー・バレリーが経営破綻(01/24)

テスコの元CFO、不正会計疑惑で無罪確定(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン