スコッチウイスキー、英国法で定義も

スコッチウイスキーは英国法で明確に定義付けられるべきだ―――。ブレグジット後の輸出体制を保護するため、スコットランド自治政府のブラウン経済長官が英政府にこうした内容の書簡を送った。BBC電子版などが7月31日、伝えた。

スコッチウイスキーは現在、2009年に制定されたスコッチウイスキー規則により、糖化から発酵、蒸留、熟成までスコットランドで行われたウイスキーのみがスコッチウイスキーと呼ばれる。現行の欧州連合(EU)による定義でも、この基準を満たしていない商品をスコッチウイスキーとして販売することはできない。

しかし、米国は包括的貿易投資協定(TTIP)においてウイスキーの定義緩和を支持する姿勢を明らかにしている。英国のフォックス国際貿易相は先の訪米時に、これを検討する姿勢を示したと伝えられており、ブラウン氏の文書はこれに対する懸念を表明するもの。

スコッチウイスキーの昨年の輸出高は、前年比4%増の39億9,900万ポンド。スコットランドでは約2万人が同産業に従事している。英国政府は、スコッチウイスキーは英国の輸出産業の成功例であるとし、ブレグジット後もさらに発展できるよう支援するとしている。


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料商業・サービス政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン