• 印刷する

スウェーデン、情報流出問題で2閣僚を交代

スウェーデン交通庁の個人情報などの取り扱いを巡る問題でロベーン首相は27日、内務相とインフラ相の2閣僚を交代させたと明らかにした。野党の中道右派4党は国防相の辞任も要求しているが同首相はこれを拒否するとともに、連立政権を維持し総選挙の早期実施には踏み切らない方針を表明した。

交通庁は2015年にIT(情報技術)の保守契約を米IBMと結んだが、許可を受けていないチェコやルーマニアの業者に業務を委託し、それらの従業員によって軍の車両に関するデータや運転免許などの個人情報が流出した可能性が明るみに出た。首相と関係閣僚はこの事実について報告を受けていたものの、公表していなかった。ロベーン首相自身も24日に「大惨事であり、スウェーデンとスウェーデン国民が危機にさらされた」と認めていた。

しかし同首相は今回、「スウェーデンを政治的混乱に陥れたくはない」として、2閣僚の交代で問題の幕引きを図ろうとしている。これに対して野党側は対応が不十分であるとして、国防相に対する不信任案を議会に提出する構えで、ロベーン政権への対決姿勢を強めている。


関連国・地域: スウェーデンチェコルーマニア米国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

スカンジナビアン、液化バイオガス工場開設(01/25)

EVポールスター、韓国に3カ所目の展示場(01/25)

アトラスコプコ、独追跡システム企業を買収(01/25)

ハンガリー政府、オートリブと戦略的提携(01/24)

イケア、昨年度の炭素排出は19年度比で減少(01/20)

エリクソン、5G特許巡り米アップルを提訴(01/19)

スウェーデン、原発上空でドローン確認(01/19)

ロボットのファーハット、米同業を買収(01/18)

ボルボ、中国・京東物流との拠点8カ所に(01/18)

中国・康龍、リシファームの英原薬拠点買収(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン