• 印刷する

露ヤンデックス・タクシー、モルドバ進出

露検索エンジン最大手ヤンデックス(Yandex)傘下のオンデマンド配車サービス「ヤンデックス・タクシー(Yandex.Taxi)」は、モルドバの首都キシニョフでサービスを開始した。幹部の話としてシーニュースが26日伝えた。

ヤンデックス・タクシーはオンラインのアプリで顧客の居場所を認識し、最寄りのドライバーを呼び出すサービス。ロシア語でもルーマニア語でも利用可能だ。

ヤンデックスはドライバーの採用に当たり、まず市内の地理に関する知識や、顧客に対する態度をチェックする。また、保有する車の状態などが自社基準を満たす場合に限り業務を委託するという。

ヤンデックス・タクシーは既にロシア、ウクライナ、ベラルーシ、アルメニア、ジョージア(グルジア)、カザフスタンで事業を展開。先にこれらの事業を米同業大手ウーバー(Uber)と設立する合弁会社に統合することで合意している。[労務]


関連国・地域: ルーマニアロシアウクライナモルドバジョージアカザフスタン米国
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

モルドバ、東欧初の女性大統領が誕生(11/17)

モルドバ大統領選、現職と前首相が決選投票(11/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン