セルビア国民の約半数、EU加盟を支持

セルビア国民の約半数が欧州連合(EU)への加盟に肯定的――。こうした事実が、欧州統合省が24日発表した最新の世論調査で明らかになった。

調査は6月23日~7月3日に、18歳以上の1,064人を対象に実施。EUへの加盟を支持した回答者は全体の49%に上り、昨年12月に行われた前回調査から2ポイント上昇した。一方、支持しないと答えたのは27%と、2ポイント低下している。

EUへの加盟は「雇用機会の拡大」になると答えたのは全体の17%で、「若者にとってより良い将来につながる」と回答したのは16%だった。このほか、「EU域内のより自由な移動の機会」と考える人は14%で、「セルビアの状況を改善する機会」とみるのは12%に上った。

また、全体の66%がEU加盟に必要な改革は、セルビアがEUに参加するかどうかにかかわらず実施すべきと答えている。中でも、保健制度の改革や汚職対策を挙げる回答者が目立った。

セルビア政府は2014年1月、EUと加盟に向けた交渉を開始。現在、35の交渉項目のうち10項目で協議を進めており、2項目で仮合意に至っている。


関連国・地域: EUセルビア
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

伊フィンテル、セルビアに3億ユーロ投資(05/23)

自動車保険、EU離脱後の手続き煩雑化回避(05/18)

中国核工業集団、ベレネ原発への投資に意欲(05/14)

外食アムレスト、米ピザハットと契約更新(05/02)

コネクターの中国・貿聯、欧州で工場拡張(05/01)

ポーランド靴販売CCC、ルーマニア社買収(04/30)

独レオニ、セルビア第3の工場が完工(04/30)

ハンガリーで豚コレラ=日本など豚肉禁輸(04/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン