• 印刷する

バッテリー技術の開発支援に着手 英政府、2.5億ポンド拠出

英政府は24日、バッテリー技術の開発を促すため、向こう4年で総額2億4,600万ポンドを投資するプロジェクト「ファラデー・チャレンジ」に着手した。第1弾としてバッテリー技術の経済性向上に向けた研究プロジェクトに4,500万ポンドを投じるほか、電気自動車(EV)向けバッテリーの研究開発(R&D)にも資金を提供する。

ファラデー・チャレンジは、メイ首相が1月に発表した欧州連合(EU)離脱後に向けての新産業戦略の一環。企業や学界を対象にバッテリー技術の研究開発プロジェクトのコンペティションを実施し、資金を提供する。第1弾として、政府と自動車業界の共同出資により低排出エンジンの開発を目指す「先進推進センター(APC)」を通じて、バッテリーの経済性向上や普及に向けた仮想研究所を設置。バッテリーの充電・使用回数の増加やサイズの縮小、容量の拡大などに取り組むプロジェクトを募集し、4,500万ポンドを提供する。

また民間企業・エネルギー・産業戦略省は、EV向けの新バッテリー技術の研究開発プロジェクトに総額3,000万ポンドを、またフィージビリティスタディー(実現可能性調査)に総額1,000万ポンドを提供する。さらに、英国政府系研究機関である工学・物理科学研究評議会(EPSRC)が7,800万ポンドを提供し、英国のバッテリー技術のR&D拠点となる仮想研究所を設置する。

各種コンペティションを統括するファラデー・チャレンジ理事会のトップには、自動車業界出身で英自動車評議会の議長も務めたリチャード・パリージョーンズ氏が就任する。

クラーク民間企業・エネルギー・産業戦略相は「エネルギー貯蔵技術の研究、開発、応用、製造を束ねることにより、エネルギー産業と自動車産業の双方に大きな機会を提供できる」と話している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 自動車・二輪車電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テスコの決定に競合が追随 事業税控除分を追納=批判受け(12/04)

イングランドなど、生きた家畜の輸出禁止も(12/04)

婦人服販売ボンマルシェ、再び経営破綻(12/04)

11月は45.3に大幅下落 ユーロ圏総合PMI確定値(12/04)

ベントレー、英離脱に備え貨物機借り入れへ(12/04)

インターコンチ、タイでホテルを増設へ(12/04)

製薬クリニジェン、マレーシアに事務所開設(12/04)

スタンチャート、中国の市場業務を強化(12/04)

オランダ港、ブレグジット注意喚起を本格化(12/03)

英、米独社のワクチンを承認 近く国民への接種開始も(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン