• 印刷する

英国の航空管制能力、発着便の増加で限界に

航空機の発着便数が記録的水準に達する中、英国の航空管制能力は限界に近付きつつある――。英全国航空管制サービス(NATS)がこのような警鐘を鳴らしている。

英国では教育機関の夏季休暇入りに伴い旅行者の出発ラッシュがピークを迎えており、21日のフライト数は過去最高の8,800便以上に達したもよう。夏場全体では77万便余りと、昨年を4万便上回る見通しだ。英旅行業協会(ABTA)によると、過去最多の240万人が出国するとみられている。

こうした旅客の増加に伴い、ロンドン・スタンステッド空港では発着便数が45カ月連続で拡大。ルートン空港では今年だけで7%増えているという。

運輸省は空域管理が改善されない限り、2030年までに全体で3,100日相当の遅延が生じ、年間8,000便がキャンセルされると予想。NATSは新たなコンピューターシステムに6億ポンドを投じるなどして対応に当たっている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ワイヤーカード、FTの不正疑惑報道を否定(10/17)

英・EUの離脱交渉大詰め 国境問題でなお意見不一致か(10/17)

インフレ率、9月は横ばいの1.7%(10/17)

IMF、ユーロ圏成長率見通しを下方修正(10/17)

生産者物価、9月は1.2%上昇(10/17)

ネット衣料販売エイソス、通期は68%減益(10/17)

ドーバー港、ブレグジットへの「準備万端」(10/17)

N・エクスプレス、モロッコでバス運行契約(10/17)

ジェソップス、管財人の下で経営再建へ(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン