「ミニ」EV版の生産、英が有力 9月に正式発表へ=独BMW

独高級車大手BMWは、「ミニ」ブランドの電気自動車(EV)モデルを英イングランド南東部のオックスフォード工場で生産する可能性が濃厚なようだ。英国の欧州連合(EU)離脱後も、従来通り同国を「ミニ」の生産拠点とする方針とみられる。消息筋の話を元に、ロイター通信が19日夕伝えた。

「ミニ」の年産台数は36万台で、現在はそのうち約60%がオックスフォード工場で組み立てられている。ただ、2019年の市場投入を目指すEV版については先に、ブレグジットを見据えドイツ南部バイエルン州のレーゲンスブルク(Regensburg)か東部ザクセン州ライプチヒで生産するか、「ミニ」の生産を請け負っているオランダのVDLネッドカーに委託する可能性があると報じられていた。

消息筋によると、EV版の「ミニ」には、BMWの独バイエルン州ディンゴルフィング(Dingolfing)およびランツフート(landshut)の工場で生産した電気モーターや部品、電池を使用する。このため同社はオックスフォード工場に投資する条件として、これらの部品をドイツから調達する際の関税を、EUに輸出される完成車については帳消しとするよう英政府に求めており、ここへきて交渉のめどが立ったという。同社はEV版「ミニ」の製造拠点を9月に正式に決定し、同月に開かれるフランクフルト国際モーターショーで発表する見通し。

英民間企業・エネルギー・産業戦略省はコメントを辞退している。オックスフォード工場は4,600人を雇用する。「ミニ」はかつて存在したブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)が生んだ大衆車。BMWが1994年、BMCを傘下に収めていた英ローバーを買収し、「ミニ」を取得した。[環境ニュース][M&A]


関連国・地域: 英国ドイツEUオランダ
関連業種: 自動車・二輪車電機金融・保険社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン