• 印刷する

BAの客室乗務員、8月半ばまでスト期間延長へ

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の客室乗務員が、8月2日から15日まで追加のストライキを決行する。賃上げやスト参加者への制裁措置の撤回などを求めて、7月1日から継続している実力行使の期間をさらに延長する格好。夏季休暇のピークと重なる見通しで、年初からの合計日数は19日時点で46日間に達している。最大労組ユナイトが明らかにした。

BAは、「これまでのスト期間と同様に、全ての顧客が目的地に到着することを保障する」とコメント。ユナイトに対しては、2カ月前に基本合意した賃金協定について、組合員による投票を実施するべきだとしている。

一方のユナイトは、ストに参加していない客室乗務員らの飛行時間が間もなく法定の上限に達するため、ストを継続すれば欠員の補充ができなくなるとみている。

また、BAはスト期間中、通常通りの運航を行うためカタール航空から客室業務員や機体9機をリースしており、労組はこれを欧州連合(EU)の規制に反するとして非難。BAのリースを承認した政府に対し法的手続きを開始している。

ユナイトによると、長距離便と短距離便の両方での乗務を担う雇用契約の客室乗務員は他の客室乗務員に比べて給与が低く、この賃上げをめぐり一連のストが行われている。[労務]


関連国・地域: 英国EU中東
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英経済の回復予想を後ろ倒し 政策金利は0.1%維持=中銀(08/07)

日英外相、貿易協定の早期妥結の重要性確認(08/07)

アストラゼネカ、中国社がワクチン生産(08/07)

ウーバー、配車ソフトのオートキャブを買収(08/07)

保守党議員、英原発から中国社排除狙う(08/07)

トラベロッジのホテル百件、アコーに移管へ(08/07)

建設業PMI、7月も分岐点超え(08/07)

新車登録台数、7月は11%増 今年に入り初のプラス回復(08/06)

ヴァージン航空、米破産法15条の適用申請(08/06)

ABB、伊中部にEV充電インフラ生産拠点(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン