• 印刷する

英国人のアイルランド旅券申請、1.5倍に増加

英国の欧州連合(EU)離脱決定を受け、英国人によるアイルランドのパスポート取得の動きが加速している。外務省のデータを元に、フィナンシャルタイムズなどが19日伝えた。

それによると、今年の上半期(1~6月)の北アイルランドからのパスポート申請件数は5万3,500件余り。北アイルランド以外の英国からのパスポート申請件数は4万5,000件に達した。英国全体では1年前から1.5倍以上に増えている。

こうした中、アイルランドでは全体的なパスポート申請件数も増加。今年前半だけで50万件を超え、前年同期比で平均10%拡大した。通年では昨年の73万3,000件余りから100万件程度に増える可能性もある。

アイルランド国籍は、アイルランドで生まれたか、両親のどちらかがアイルランド生まれのアイルランド人であれば自動的に付与される。このほか祖父母がアイルランド国籍保持者の場合、自身の出生が政府に登録されていれば取得可能だ。


関連国・地域: 英国EUアイルランド
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

パティスリー・バレリー、MBOで店舗存続(02/15)

メイ首相、離脱延期も想定か 交渉官の私的発言で明らかに(02/14)

ユーロ圏鉱工業生産、予想上回る落ち込み(02/14)

EU、鉄道分野で合意なき離脱対策を発表(02/14)

欧州中銀、愛中銀レーン総裁が専務理事に(02/13)

ユーロトンネル運営会社、英政府を提訴(02/13)

EU小規模国、税制巡る拒否権廃止に反対(02/13)

旅行TUI、第1四半期は赤字拡大(02/13)

EUの再生可能エネ比率、17.5%に上昇(02/13)

英の合意なき離脱、ドイツで10万人失職も(02/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン