エアバス、無人航空機の試験飛行に成功

欧州航空機大手エアバス・グループは18日、ジェットエンジンを搭載した新しいタイプの無人航空機(UAV)の試験飛行に成功したと発表した。商業化の予定はないが、防衛・宇宙部門の無人飛行システムの開発に役立つ可能性があるとしている。

試験飛行を行ったUAV「サジッタ(Sagitta)」のデモ機は、実物の4分の1の大きさで、全長、翼幅共に3メートル。南アフリカの試験飛行場で既定のコースを約7分間にわたり無人飛行し、離着陸も自動でこなした。

エアバスは2010年に同機の開発プロジェクトに着手。ミュンヘン工科大学やケムニッツ工科大学、ミュンヘン連邦軍大学、インゴルシュタット応用科学大学、ドイツ航空宇宙センター(DLR)と共同で開発を進めてきた。


関連国・地域: ドイツフランスアフリカ
関連業種: 製造一般運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ソジェン、アブダビ行からヨルダン事業取得(07/16)

ミシュラン、タイでトヨタにタイヤ供給(07/16)

リンデとプラクスエア、米資産売却で協議(07/16)

パリの地下鉄、紙の切符廃止へ(07/16)

PSAの販売台数、上半期は38.1%増加(07/13)

シュツットガルト市、来年から旧式車禁止(07/13)

仏自動車部品ノバレス、セルビア工場拡張へ(07/13)

ユーロ圏成長予測を下方修正 欧州委の夏季経済見通し(07/13)

ラガルデール、オンラインヘルス事業売却へ(07/13)

NATO首脳会議、防衛費などが焦点に(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン