エアバス、無人航空機の試験飛行に成功

欧州航空機大手エアバス・グループは18日、ジェットエンジンを搭載した新しいタイプの無人航空機(UAV)の試験飛行に成功したと発表した。商業化の予定はないが、防衛・宇宙部門の無人飛行システムの開発に役立つ可能性があるとしている。

試験飛行を行ったUAV「サジッタ(Sagitta)」のデモ機は、実物の4分の1の大きさで、全長、翼幅共に3メートル。南アフリカの試験飛行場で既定のコースを約7分間にわたり無人飛行し、離着陸も自動でこなした。

エアバスは2010年に同機の開発プロジェクトに着手。ミュンヘン工科大学やケムニッツ工科大学、ミュンヘン連邦軍大学、インゴルシュタット応用科学大学、ドイツ航空宇宙センター(DLR)と共同で開発を進めてきた。


関連国・地域: ドイツフランスアフリカ
関連業種: 製造一般運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、UAEリース会社が400機発注も(05/21)

米国の対イラン制裁に対抗策 EU、欧州企業の保護へ行動指針(05/21)

エアビー、デンマーク当局に家主収入報告へ(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

日本電産、PSAとのモーター合弁設立完了(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰(05/18)

ミシュランガイド、タイ版の第2弾発行へ(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン