• 印刷する

エアバス、無人航空機の試験飛行に成功

欧州航空機大手エアバス・グループは18日、ジェットエンジンを搭載した新しいタイプの無人航空機(UAV)の試験飛行に成功したと発表した。商業化の予定はないが、防衛・宇宙部門の無人飛行システムの開発に役立つ可能性があるとしている。

試験飛行を行ったUAV「サジッタ(Sagitta)」のデモ機は、実物の4分の1の大きさで、全長、翼幅共に3メートル。南アフリカの試験飛行場で既定のコースを約7分間にわたり無人飛行し、離着陸も自動でこなした。

エアバスは2010年に同機の開発プロジェクトに着手。ミュンヘン工科大学やケムニッツ工科大学、ミュンヘン連邦軍大学、インゴルシュタット応用科学大学、ドイツ航空宇宙センター(DLR)と共同で開発を進めてきた。


関連国・地域: ドイツフランスアフリカ
関連業種: その他製造運輸政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

パリ市、中心部の車両乗り入れ規制を協議(05/17)

ダノン、中国・蒙牛株9.8%を売却へ(05/17)

仏議会、差別懸念も「ヘルスパス」導入可決(05/14)

エールフランスなど、09年墜落事故巡り起訴(05/14)

エンジー、シンガポールで地域冷房受注(05/14)

エアバス、仏工場のA321生産計画を再開(05/13)

ルノー、EVバッテリー交換技術の導入検討(05/13)

仏ICU看護師、賃上げ求めスト=人手不足(05/13)

仏上院、環境巡る憲法改正案を骨抜きに(05/12)

重電アルストム、通期は47.1%減益(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン