バイエルン州、ディーゼル車を救済 ソフトウエア更新や買い替え支援

ドイツ南部のバイエルン州政府は18日、自動車からの大気汚染物質排出量の低減に向けた一連の措置を発表した。旧型のディーゼル車について、メーカーが窒素酸化物(NOx)の排出削減に向けたソフトウエアの更新を行うほか、州政府が排出量の少ない最新のディーゼル車への買い替えを支援する内容。同州では一部の都市がディーゼル車の禁止を検討しているが、州政府はこれに同調しない姿勢を示した格好だ。

ソフトの更新は欧州連合(EU)の旧排ガス基準「ユーロ5」に準拠する車両が対象で、オーナーのコスト負担はゼロ。同州は7月初め、州内に本社を置く独高級車大手BMWおよび自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車メーカー、アウディと、「ユーロ5」車両の少なくとも半数についてソフトの更新を行うことで合意していた。両社はただちにソフト更新の準備に着手する。

また、最新の排ガス基準「ユーロ6」に適合したディーゼル車の販売促進に向け、税優遇措置の導入や、「ユーロ4」以前のディーゼル車のオーナーを対象とした買い替え促進策を検討する。このほか公共交通機関や電気自動車(EV)の利用促進策に加え、自転車専用道の整備にも取り組むとしている。

同州のミュンヘン市は6月、一部ディーゼル車の禁止を検討していると報じられていた。

■ポルシェ、ディーゼル車から撤退も

VWの高級スポーツカー部門ポルシェは、新型ディーゼル車の販売を終了するかどうかを2019年末までに決定する方針だ。ドイツの自動車メーカーがディーゼル車からの撤退に言及するのはこれが初めて。オリバー・ブルーメ最高経営責任者(CEO)の話として、ロイター通信が19日伝えた。

同CEOは、向こう10~15年は内燃エンジン車とプラグイン・ハイブリッド車(PHV)、バッテリー式EVを取り混ぜて販売する一方、ディーゼル車の将来的な方針については2019年末までに決断するとしている。情報筋によると、同社はディーゼル車の開発を全面的に打ち切る可能性もある。ディーゼル車はポルシェの世界売上高の15%を占める。[環境ニュース][EU規制]


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信製造一般電力・ガス・水道運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

独のテスラ「モデルS」購入者、補助金返還(07/20)

イノジー、エーオンとRWEの資産交換に合意(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

企業ソフトSAP、第2四半期は8%増益(07/20)

BMW、インドネシア工場に追加投資へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン