オランダの会社員、サービス残業は週平均3時間

オランダの会社員700万人は毎年、合計200億ユーロ相当のサービス残業をしている――。オランダ労働組合連盟(FNV)の委託でオランダ応用科学研究機構(TNO)が実施した調査でこうした実態が明らかになった。

それによると、従業員のサービス残業は1週間当たり平均3時間。1人当たり年間3,200ユーロ相当のただ働きをしている。アンケート結果を学歴別に見ると、高学歴者の74%近くがサービス残業をしていると回答。低学歴者は29%にとどまった。

FNVは、こうした無賃労働はフルタイム従業員30万人分の仕事に相当すると指摘。これを新たな雇用で埋め合わせた場合、失業率は半減するとしている。


関連国・地域: オランダ
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

海航集団など、ブルガリアの空港に投資へ(05/22)

トルコの大統領、ボスニアへの投資を公約(05/22)

スペーシズ、比に大規模な共有オフィス開設(05/21)

オランダ、外国人の減税制限で購買力低下も(05/18)

ベルギーに物流業界版エアビーが登場(05/18)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

ユーロ圏建設業生産、3月は0.3%減少(05/18)

ベルギー、新車販売の3分の1はSUV(05/17)

エールフランスKLM、暫定CEOを指名(05/16)

ユーロ圏成長率、0.4%に減速 ドイツも減速=2次速報値(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン