• 印刷する

エストニア、ルクセンブルクにデータ大使館開設

エストニアは、ルクセンブルクで来年初めに世界初の「データ大使館」を開設する。国外のサーバーで政府のデータやシステムのバックアップを行う狙いで、大使館と同様の治外法権が認められる。

エストニアのラタス首相とルクセンブルクのベッテル首相は6月、これに向けた協定を交わした。データ大使館では、エストニア政府の税金や土地、企業、国民の身元証明書類、年金、法規制、国税調査などのデータをバックアップ保存するほか、必要に応じて政府のシステムを立ち上げる機能を持たせる。エストニアのルクセンブルク大使館はベルギーのブリュッセルにあるが、同大使館とは直接的に接続せず、また職員も配置しない。

エストニア経済・通信省の広報官はAFP通信に対し、「データ大使館の主目的はデジタルな継続性を確保し、必要な時に国外からシステムを起動したりデータを取り出せるようにすること」と説明。「そのためには、国外にありながら大使館と同様、エストニアの完全な管轄下にあるサーバーが必要」と話す。

エストニアはデジタル化に積極的なことで知られる。行政サービスのほとんどが電子化されており、2005年には世界に先駆けて電子投票を採用。また、同国の首都タリンには北大西洋条約機構(NATO)のサイバー防衛センターが設置されている。ただ、2007年にはロシアのハッカー集団の犯行とみられるサイバー攻撃により、政府や銀行、メディアのシステムが2週間にわたりダウン。その後、クラウド・サービスの利用によるバックアップに取り組んできた経緯がある。


関連国・地域: ベルギールクセンブルクエストニアロシア
関連業種: 金融建設・不動産IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

ダンスケ銀、各国当局の監督不行き届きなし(04/18)

閣僚理事会、著作権指令の改正案を採択(04/17)

中国と中東欧の「16プラス1」サミット開催(04/12)

中道党、極右政党含む3党連立計画で合意(04/09)

スウェドバンク、会長が辞任=資金洗浄疑惑(04/08)

ユーロ圏小売売上高、2月は0.4%増加(04/04)

スウェーデン当局、スウェドバンク本社捜索(03/29)

デニッシュ・アグロ、欧州委が事業買収承認(03/28)

スウェドバンク、資金洗浄の調査結果を公表(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン