エストニア、ルクセンブルクにデータ大使館開設

エストニアは、ルクセンブルクで来年初めに世界初の「データ大使館」を開設する。国外のサーバーで政府のデータやシステムのバックアップを行う狙いで、大使館と同様の治外法権が認められる。

エストニアのラタス首相とルクセンブルクのベッテル首相は6月、これに向けた協定を交わした。データ大使館では、エストニア政府の税金や土地、企業、国民の身元証明書類、年金、法規制、国税調査などのデータをバックアップ保存するほか、必要に応じて政府のシステムを立ち上げる機能を持たせる。エストニアのルクセンブルク大使館はベルギーのブリュッセルにあるが、同大使館とは直接的に接続せず、また職員も配置しない。

エストニア経済・通信省の広報官はAFP通信に対し、「データ大使館の主目的はデジタルな継続性を確保し、必要な時に国外からシステムを起動したりデータを取り出せるようにすること」と説明。「そのためには、国外にありながら大使館と同様、エストニアの完全な管轄下にあるサーバーが必要」と話す。

エストニアはデジタル化に積極的なことで知られる。行政サービスのほとんどが電子化されており、2005年には世界に先駆けて電子投票を採用。また、同国の首都タリンには北大西洋条約機構(NATO)のサイバー防衛センターが設置されている。ただ、2007年にはロシアのハッカー集団の犯行とみられるサイバー攻撃により、政府や銀行、メディアのシステムが2週間にわたりダウン。その後、クラウド・サービスの利用によるバックアップに取り組んできた経緯がある。


関連国・地域: ベルギールクセンブルクエストニアロシア
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険商業・サービス建設・不動産雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

印通信Rジオ、エストニアに子会社設立へ(05/23)

飲料アンバー、豪の大手卸売業者を買収(05/23)

【ウイークリー統計】第7回 原子力発電と輸送部門の再生可能エネ導入(05/17)

ユーロ圏インフレ率、4月は1.2%=改定値(05/17)

ユーロ圏鉱工業生産、3月は0.5%増加(05/16)

ポーランド、ノルドストリーム2を提訴へ(05/11)

ガス導管ノルドストリーム2、独で敷設開始(05/10)

露ヤンデックス・タクシー、エストニア進出(05/04)

ユーロ圏生産者物価、3月は2.1%上昇(05/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン