スイス、EUからの純移民数が過去12年で最低

スイス連邦移民事務局(SEM)によると、第2四半期(4~6月)の欧州連合(EU)からの移民の純流入数は6,480人弱となり、過去12年で最低の水準に減少した。SEMが17日公表したデータを元に、ロイター通信が報じた。

上半期(1~6月)の全体の純移民数は2万5,526人と12%近く減少。うちEUからの純移民数は20%以上縮小した。周辺国からの移民は着実に減り続けている。

スイスはEUとの間で、移動の自由を定めた協定を結んでいるものの、2014年の国民投票で受け入れの制限案を可決。以後、移民問題は大きな議論のテーマとなっている。

なおSEMは今年、2万4,500人前後が難民申請を行うと予想。地中海経由などの難民が増えれば、3万2,000人程度に達する可能性もあるとしている。


関連国・地域: EUスイス
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

高級ブランドのリシュモン、通期は1%減益(05/21)

住友ゴム、医療用精密ゴム工場を着工(05/21)

英政府、シェールガス開発の追加支援策発表(05/21)

自動車保険、EU離脱後の手続き煩雑化回避(05/18)

複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰(05/18)

ネスレ、2020年までに砂糖などの使用量削減(05/17)

海運MSC、ADPとターミナル開発で契約(05/16)

露カスペルスキー、スイスに開発拠点を移転(05/16)

ワールドライン、SIXペイメントを買収(05/16)

石油ロスネフチ、第1四半期は7倍超に増益(05/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン