蘭フローニンゲンのガス田めぐり住民訴訟

北部フローニンゲン州にある欧州最大の天然ガス田の採掘に絡み、周辺地域で小規模地震が多発している問題をめぐり、地元住民らが政府を相手取り国務院(最高行政裁判所に相当)に提訴した。AFP通信などが伝えた。

このガス田はかつて欧州連合(EU)の消費量全体の1割相当のガスを供給していたが、1991年から低震度の地震が頻発しているため相次ぎ操業を縮小。年産量は2015年の約425億立方メートルから、現在はおよそ216億立方メートルに半減している。政府は10月から生産量をさらに10%削減する計画だが、原告側は操業の全面停止を要求している。

なおガス田を運営する英蘭資本の石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルと米同業エクソンモービルの合弁会社ネーデルランセ・アールドオイリー・マートスカパイ(NAM)は地震による家屋などの被害に対する民事責任を認め、総額10億ユーロ以上の損害賠償を行う方針だ。[環境ニュース]


関連国・地域: オランダ
関連業種: 天然資源社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

海航集団など、ブルガリアの空港に投資へ(05/22)

トルコの大統領、ボスニアへの投資を公約(05/22)

スペーシズ、比に大規模な共有オフィス開設(05/21)

オランダ、外国人の減税制限で購買力低下も(05/18)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

ベルギーに物流業界版エアビーが登場(05/18)

ユーロ圏建設業生産、3月は0.3%減少(05/18)

ベルギー、新車販売の3分の1はSUV(05/17)

エールフランスKLM、暫定CEOを指名(05/16)

ユーロ圏成長率、0.4%に減速 ドイツも減速=2次速報値(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン