欧州自動車市場、2035年までにEV完全移行も

欧州の自動車市場は2035年までに電気自動車(EV)に完全移行する――。オランダの金融大手INGグループが最新リポートでこうした見解を示した。

INGはこの中で、現在、ガソリン車やディーゼル車からEVへの乗り換えを阻んでいる主に3つの要因を指摘。消費者の40%は価格が高過ぎると考え、28%が連続走行距離に不安を抱くほか、20%が充電スタンド不足を難点に挙げたとしている。

しかしINGは、こうした問題は今後着実に解消されると予想。バッテリーの低価格化や各国政府の支援を追い風にEVの普及が加速するとみている。

これにより自動車市場の勢力図も大きく変化しそうだ。現在、欧州の自動車メーカーはエンジンで25%のシェアを占めるなど市場で優位を保つものの、EVに使用されるリチウムイオン電池のシェアはわずか3%。このためシェアがはるかに大きいアジアや北米のメーカーが欧州市場で勢力を拡大することも予想される。[環境ニュース]


関連国・地域: EU米国カナダ
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車電機社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、金融支援脱却後の成長計画を発表(05/25)

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第3回 進むユーロ安の背景(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

【ウイークリー統計】第8回 老年人口指数と若年層の実家暮らし(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン