• 印刷する

ソーシャルメディア利用、欧州首位はハンガリー

ソーシャルメディアの利用率が欧州連合(EU)で最も高いのはハンガリー――。EUの統計局ユーロスタットの最新データから、こうした事実が明らかになった。同国で2016年にインターネットを利用した16~74歳の同国民のうち、フェイスブックやツイッターといったソーシャルメディアを使用した人の比率は83%に達した。

ハンガリーに次いでソーシャルメディアの利用率が高かったのは、マルタで82%。ベルギーも80%と高水準だった。これにキプロス(79%)、デンマーク(77%)が続く。EU28カ国の平均は63%だった。

一方、最も利用率が低かったのはフランスで47%。他にスロベニア(51%)、チェコ(55%)、ドイツ(56%)、オーストリア(58%)がいずれも6割に満たなかった。

年齢別に見ると、若年層(16~24歳)のソーシャルメディアの利用率は、EU平均で88%に達した。トップはハンガリー、デンマーク、ベルギーでいずれも97%。最下位は同じくフランスで77%だった。高年層(65~74歳)では、EU全体の平均は32%にとどまっている。


関連国・地域: ドイツフランスEUベルギーオーストリアデンマークマルタキプロスチェコハンガリースロベニア
関連業種: IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独マーレなど3社、ハンガリー拠点に投資(01/20)

タカレク銀、傘下行の全株式取得へ(01/19)

ハイネケン、ハンガリー北西部の拠点を拡張(01/14)

デンソーなど3社、ハンガリー拠点に投資(01/14)

ブダペスト空港、昨年の利用者数は76%減少(01/13)

ハンガリー鉱工業生産、11月は1.2%減(01/11)

リヒター・ゲデオン、避妊薬の販売権取得(01/08)

ハンガリー新車登録台数、2020年は19%減(01/06)

マジャールスズキ、5年連続でシェア1位(01/06)

ハンガリー、露ワクチン不使用の可能性も(01/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン