• 印刷する

外国人訪英客数、第1四半期は10%増加

政府統計局(ONS)は13日、2017年第1四半期(1~3月)に英国を訪れた外国人の数が830万人となり、前年同期比9.9%増加したと発表した。欧州連合(EU)離脱が決定した後のポンド安が追い風となり、過去最高に達した。

来訪者の総宿泊数は推計5,400万泊と5.8%増加。滞在中の支出額は15.6%増えて44億ポンドだった。訪英目的は休暇が280万人と最も多く、1年前から21.1%増加。一方、ビジネスは1.8%減少した。

訪英客を国別に見ると、米国人が16%増と伸びが際立つ。支出額も29%増え、6億400万ポンドに達した。中国人は過去最多の5万4,000人。支出額も過去最高の9,100万ポンドを記録した。オーストラリア人やフランス人も大幅に増えている。

一方、外国に出掛けた英国民の数は1,410万人と1年前から8.1%増加。外国での支出は11.7%増の86億ポンドだった。


関連国・地域: 英国フランスEUアジア米国
関連業種: 金融観光マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英、50代の1回目接種が完了 7月末までに全成人「達成可能」(04/14)

クレディ・スイス、大損失でボーナス削減か(04/14)

英の変異株、重症化リスクの差は確認されず(04/14)

英国のパブ、屋外営業許可も再開は4割(04/14)

英政府、元首相の企業ロビー活動巡り調査(04/14)

鉱工業生産、2月は1%増加(04/14)

建設業生産、2月は1.6%増加(04/14)

貿易収支、2月は赤字拡大(04/14)

米ゴールドマン、バーミンガムに新拠点開設(04/14)

JDスポーツ、通期は4%減益(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン