ダイムラー、100万台超で不正か 排ガス操作の違法ソフト使用疑惑

独自動車大手ダイムラーに、排ガス基準を超える車両100万台超を販売した疑いが浮上している。検察当局は、2008~2016年に欧米で販売された車両で排ガス量を操作する違法ソフトウエアが使用されていた可能性を調べているという。シュツットガルト裁判所の捜査令状を元に、南ドイツ新聞が12日伝えた。

それによると、「OM642」と「OM651」という2種類のディーゼルエンジンが搭載された車両で、特定の状況下で排ガス量をコントロールする装置が使用されていたとみられる。こうした装置は自動車業界で広く普及しているが、適切に開示され、説明責任を果たす必要がある。

ダイムラーは捜査が継続中だとしてコメントを控えているが、当局に全面的に協力する姿勢を示している。

ダイムラーが本拠を置くシュツットガルトの検察当局は5月、排ガス不正問題に絡み、一部の従業員が、詐欺行為や虚偽の宣伝活動に関わった可能性があるとして同社の計11カ所のオフィスを家宅捜索した。この件をめぐっては、3月に調査が開始されていた。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信天然資源社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

ドイツ銀、第2四半期の利益は予想以上に(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

米モルガン、鉄道車両リースのVTG買収へ(07/17)

BASF、星などで酸化防止剤の生産拡大(07/17)

コネとティッセンの株主、事業統合で協議(07/17)

シーメンス、越で太陽光発電所システム受注(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン