高級ブランドの仏ランバン、新デザイナーを指名

仏高級ブランドのランバン(Lanvin)は11日、新たなアーティスティック・ディレクターにフランス人デザイナーのオリビエ・ラピドス氏(59)を指名したと発表した。退任したブシュラ・ジャラール氏の後任を務める。同社の発表を元に、AFP通信などが11日伝えた。

ラピドス氏は、1960~70年代にユニセックスやサファリスタイルで一躍有名となったテッド・ラピドス氏を父に持つ。父のブランド「テッド・ラピドス」で11年間にわたりアーティスティック・ディレクターを務めた。ランバンのオーナーであるワン・シャオラン氏は声明の中で、「彼のランバンとファッションの世界に対する理解や、現代的なアプローチがブランドに新たな地平をもたらしてくれる」とコメントした。

なお、前任のジャラール氏は、2016年3月にアーティスティック・ディレクターに就任。わずか1年4カ月で同ブランドを去ることになった。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: アパレル・繊維商業・サービス雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

EU、クリミアに対する制裁を1年延長(06/20)

仏電力公社、労組が10日間のストを通告(06/20)

サウジの国営航空、ウィーン便を就航(06/20)

ライアンエアー、空港に酒類販売の規制要求(06/20)

仏アグリコル、競合のポーランド事業に関心(06/20)

エーオンUK、電力代を4.9%引き上げ(06/20)

建設バンシ、再就職支援の合弁会社を設立(06/20)

エクイノール、油田掘削サービス3社と契約(06/20)

ユーロ圏建設業生産、4月は1.8%増加(06/20)

アクサの資産運用子会社、最大210人整理(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン