欧州人権裁、ベルギーのベール禁止法を支持

欧州人権裁判所は11日、イスラム教の女性が顔を覆うベールを着用することを禁じたベルギーの法律を支持する判決を下した。

ベルギーでは2011年6月、公共の場で顔の一部または全体を覆うベールの着用を禁止する法律を施行。しかしニカブの着用にこだわるイスラム教徒の女性2人が、思想、良心、宗教や表現の自由を定めた欧州人権条約に違反するとして欧州人権裁判所に提訴していた。

同裁判所は今回、ベルギーの法律は、異民族の「共存」や「他の人々の権利や自由の保護」を目的としたもので、「民主的社会に必要」なものと判断。差別には当たらないとして原告の訴えを退けた。女性らは今後も公然とベールの着用を続けた場合、罰金か最長7日間の禁固刑を科される可能性がある。

同裁はフランスの同様の法律を巡っても、欧州人権条約に違反しないとして、2014年に仏政府の立場を支持する判決を下した経緯がある。


関連国・地域: フランスEUベルギー
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

NATO首脳会議、防衛費などが焦点に(07/13)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

トタル、ペトロブラスと再生エネで合弁も(07/12)

ウィズエアー、ルーマニアから7路線就航(07/12)

武田薬品、シャイアー買収を米当局が承認(07/11)

おむつオンテックス、仏社の買収提案を拒否(07/10)

雑貨チェーンのヘマ、駅構内の9店舗を取得(07/09)

ライアンエアー、客室乗務員が7月下旬スト(07/09)

ベルギーのBポスト、小包集荷中止を撤回(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン