• 印刷する

ピアソン、ペンギンの持ち株売却 独ベルテルスマンに10億ドルで

英メディア大手ピアソンは11日、共同出資する出版事業ペンギン・ランダムハウス(米国)の株式22%を、同社の過半数株を保有する独総合メディア大手ベルテルスマンに売却することで合意したと発表した。取引額は約10億ドルで、ペンギン・ランダムハウスの企業価値を35億5,000万ドルと見積もった水準。

取引後の出資比率はベルテルスマンが75%を保有する。ピアソンが25%となる。手続きは9月に完了する見込み。ピアソンは少なくとも18カ月間は残り株を売却しない。

ピアソンは近年、中核事業である教育分野に注力しており、2015年に経済紙「フィナンシャルタイムズ(FT)」を発行する傘下のFTグループを日本経済新聞社に、経済誌「エコノミスト」を発行する傘下のエコノミスト・グループの株式50%をイタリアの投資会社エクソール(Exor)に売却した。

ただ、2016年12月期の営業利益(特別損益除く)が6億3,500万ポンドとなり、継続事業・恒常為替レートベースで前期比21%減少。昨年1月に着手した事業再編計画に沿ってコスト削減を進めているものの、売り上げの不振を補うには至らなかった。

ペンギン・ランダムハウスは2013年に、ベルテルスマン傘下のランダムハウスと、ピアソン傘下のペンギン・グループが統合して設立された。[M&A]


関連国・地域: 英国ドイツイタリアアジア米国
関連業種: 金融メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

ABインベブ、ビールに注意表示へ(09/23)

英、在宅勤務を再び奨励 飲食店は営業短縮=半年継続も(09/23)

「日本と北欧」を一つの場所で ロンドンにコンセプトストア(09/23)

英の新原発巡る裁判、原告が敗訴=建設続行(09/23)

ユニリーバ、オランダ株主が本社一本化支持(09/23)

ウィットブレッド、最大6千人整理(09/23)

キングフィッシャー、上半期は23.1%増益(09/23)

HSBC、香港で基本サービスの手数料廃止(09/23)

英でのワクチン開発中断、韓国社に影響も(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン